最近よく耳にするようになったかもしれませんがリンパ管には身体の表面近くを走る表在リンパ管と身体の深部を走る深部リンパ管に分けることができます。

 

表在リンパ管はリンパ管は次のような流れになります。

 

はじまりである毛細リンパ管からはじまる

 

 

それらが集まり前集合リンパ管となる

 

 

さらに合流して太くなった集合リンパ管へとつながる

 

 

りンパ節へと流れる。

 

毛細リンパ管には弁がないためリンパ液はどの方向にも流れることができますのでリンパドレナージ効率よくリンパ液を流してあげることができます。

 

深部リンパ管はリンパ節に集まった以降の集合リンパ管で筋膜より下の身体の深部を走っています。

 

集合リンパ管が集まり太くなってリンパ本管となる

 

 

鎖骨下の静脈へと流れます。

 

深部リンパ管は身体の深い部部を通っているのでなかなか外からのアプローチは難しいのですが、関節運動をしたり腹式呼吸をしたりすることで流れをよくすることができます。

 

リンパドレナージは主に身体の表面を走る表在リンパ管にアプローチすることでリンパの流れをよくしてあげる事ができます。

 

そのためには、リンパの走行各リンパ節の位やなどを詳しく理解し正しい方向へ流す必要があります