リンパドレナージの歴史は1932年よりまずは医療の現場で開発されました。

医療の現場では皮膚の再生リンパ浮腫の改善のためリンパ管を流す技術として研究

1956年にフランスのエミール・ヴォッダー博士が痩身法として発表

1958年にドイツ、フィンランドが医療に導入

しかしなかなか医療界ではみとめられず1970年代になってガン患者の増加によりニーズが高まり本格的なヴォッダー式リンパドレナージスクールが誕生

日本では1980年代にまず美容業界に導入され日本独自のリンパマッサージとして広く知られようになりました。

現在では医療の現場でも用いられているリンパドレナージも受けることができるサロンなども徐々に増えてきました